【フットサルルール】フットサルにおけるリスタートの方法を学ぼう!

サッカー同様、フットサルにもラインがあるため、
そのラインを出た場合は試合を再開するための方法が他のスポーツ同様にあります。

サッカー出身者の人は最初ルールがわからず、意図せずルール違反を招き、
フットサル大会で負けてしまうなんてこともよくあります。

僕も初めてのフットサル大会ではやらかしたことがあります、、、w

そこで今回は「フットサルにおけるリスタートの方法を学ぼう!」というタイトルでブログを書いてみたいと思います。
ぜひ参考にして、フットサル大会ではミスを犯さないようにしましょう!

フットサルにおけるリスタートの方法を学ぼう!

フットサルにおけるリスタートの方法を学ぼう!



フットサルにおけるリスタートはサッカーとは異なります。



フットサルにおけるリスタートの方法を学ぼう!

フットサルにおけるリスタートの方法を学ぼう!



ボールがピッチ外に出たり、ファールがあったりして止まった試合を再開させることをリスタートと言います。
フットサルにおけるリスタートの方法はサッカーとは一部異なるので、しっかりここで学びましょう!

まずは、ボールを出したり、ファールをしたチームの相手チームのボールで再開になります。

再開の方法は、コーナーキックとフリーキック以外はサッカーとは逆と覚えましょう。
つまり、サッカーのスローインはキックインに。サッカーのゴールキックはゴールクリアランス(ゴレイロによるスロー)になります。

誰がどこに出したかでリスタートの方法が変わります。



フットサルにおけるリスタートの方法を学ぼう!

フットサルにおけるリスタートの方法を学ぼう!



★ボールがタッチラインを越えた場合
→キックインでスタート
越えた地点から25cm以内のピッチ外にボールを置き、ピッチ内にボールを蹴ります。
相手選手は蹴る地点から5m離れなければなりません。

★攻撃側がゴールラインからボールを出した場合
→ゴールクリアランスでスタート
ペナルティーエリア内から、ゴレイロがボールを投げ入れます。
ボールがペナルティーエリアから出るまでは、誰もボールに触れない。投げたボールが、誰にも当たらず相手ゴールに入っても得点は認められません。

★守備側がゴールラインからボールを出した場合
→コーナーキックでスタート
ボールが出た地点から近いコーナーアークから行います。
相手選手はコーナーアークから5m離れなければなりません。コーナーキックからの直接ゴールはOKとなります。

フットサルにおけるリスタートの方法を学ぼう!

フットサルにおけるリスタートの方法を学ぼう!



また、フットサルでしっかり意識したいルールとして「4秒ルール」というものがあります。
リスタートの多くはボールをセットしてから4秒以内に行わなければなりません。違反した場合、フリーキックとコーナーキックは相手の間接フリーキックに、キックインは相手のキックインに、ゴールクリアランスはペナルティーライン上から相手の間接フリーキックになります。

いかがでしたでしょうか?
4秒ルールなどはサッカーにないルールですが、非常に重要なルールになりますので、
しっかり理解してフットサルにのぞみましょう!

ソーサルに参加する!

SNSでシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

最新の記事一覧

タグ一覧

直近開催予定の企画

  • 川口華金ソーサル!

    フットサルポイント SALU 川口

    2017/09/22(金)20:00 ~ 22:00

    埼玉県川口市

    JR京浜東北線 川口駅

    ミックス / エンジョイ

    12 / 20

    詳しく見る

  • 大宮土曜ソーサル

    パブリックフットサルさいたま

    2017/09/23(土)18:00 ~ 20:00

    埼玉県さいたま市

    ニューシャトル今羽駅(大宮駅から9分)

    ミックス / エンジョイ

    7 / 20

    詳しく見る

  • 福岡ソーサル

    ペナスタ博多

    2017/09/24(日)14:00 ~ 16:00

    福岡県博多区

    西鉄電車 「雑餉隈駅」

    ミックス / エンジョイ

    11 / 25

    詳しく見る